本の感想などをつらつらと。


by nino84
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

『ぼくは勉強ができない』

『ぼくは勉強ができない』(山田詠美、新潮文庫)を読みました。

ぼくは勉強ができない。でも、それよりも大切なことはあるはずだ。女にはもてるのだし。


本書もまた、借りた本です。短編集なので、本来なら小分けにして書くべきなのですが、借りた本ということもあり、まとめてかきます。もっとも、短編集とはいえ、主人公を一にしたオムニバスの作品ですので、まとめて書いてもそれほど違和感はないのかな、と思いもします。

さて、本書の主人公、時田秀美は17歳の男子高校生です。勉強は苦手ですが、女性にはもてて、今も年上の女性と付き合っています。家では、母と祖父との3人暮らしで、母の浪費が原因で、貧乏くさい生活を余儀なくされています。
本書は、そんな主人公の学校生活を淡々と描いています。淡々とと書きましたが、主人公がサバサバしているため、そんな印象をうけるのだと思えます。スれているというか、達観しているというか。学校という勉強ができることが最大の価値であるとされる場所において、それはできないものとして、別のところに自分の価値を見出す、見出そうとする。そんなところが、彼を一見して強くみせています。しかし、彼自身、それが行き難いことだと認識し始めており、自分がそういった価値観にいることを、全面に押し出すことは、周りの関係をギクシャクさせることもあると、体験的に知っていきます。
彼は本音と建前の使い分けが十分にできず、つねに本音で自分の価値を脅かすものに立ち向かっていくのです。結果、彼に対峙したものは、自分の価値観に真っ向から対決を挑まれる形になり、彼を一緒にやっていきづらいものとして認識するのでした。

そんな彼を支えているものは、そうした彼の生き方をよしとする母であり、祖父であり、年上の恋人であり、またサッカー部顧問の桜井先生であったりします。彼らは、勉強だけに重きをおかないという点で、彼のよき理解者です。そうした保障のなかで、ときに、桜井先生や祖父は彼を気遣い、アドバイスを与えたりもするのです。
そうやって、本音と建前の表出の仕方を調整をしていくなかで、それがいいかどうかはともかく、人間は丸くなっていくのでしょう。たとえば、彼は、独りは寂しいということをしりながら、しかし、そのやりかたゆえに独りになりかねない状況にありました。そうした状況は、彼にどうやってそれを避けるようにやっていくかということを考えさせるのです。こうして自分の価値観のなかにまわりの価値観を合致させていくような、芯のしっかりした人物というのは、尊敬に値します。
もちろん、自分の価値観のみで世間でやっていける主人公の母のような人も時にはいるようで、それがまたかっこいいのではありますが、そんな無茶な、と思いもするのです。それに比べると、主人公のとっている方法、自分の価値観のなかに他者の価値観を取り入れていくというのは、ずいぶん現実的です。
現実的ではありながら、広くいわれている価値観で生きるのではなく、自分の価値観、信念をもっているというのは、やはりかっこいい生き方といわざるをえない。
そうした普通とは少し違った生き方は、それだけエネルギーが必要とされる生き方でもあります。彼の行動からは、そうしたエネルギーが感じられ、それが彼のかっこよさ、ヒロイズムにつながっているのだと思えます。
[PR]
by nino84 | 2009-03-25 01:54 | 読書メモ