本の感想などをつらつらと。


by nino84
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

『無人島に生きる十六人』

『無人島に生きる十六人』(須川邦彦)読みました。

さて、内容はタイトルからも分かるとおり、漂流物語です。なぜ漂流ものばかり読んでいるのでしょうか。自分でも疑問です。興味を持って読んでるんで、いいんですがね。ちなみに、明治時代にあった実話だそうです。

ハワイ本島から日本へ引き返す際に、難破してしまった船。そこには、16人が乗っていた…。


漂流物語といっても、そこは実話。子どもばかりで生活しなくては!!みたいなことにはなりません。見習いは数人いるものの、まかり間違っても海の男たち。船長を始め、統制がとれております。そうでなくては、現実に無人島なんか脱出できません。
もちろんですが、もともと上下関係のあった大人の集まりだから、『蠅の王』のように獣性が表れることはないのです。平和ですな…。いや、やっていることは壮絶なんですが。

それにしても、時代を感じるのは、
ウミガメを乱獲して、喰う。「マッコウ鯨が、いっこうにすがたを見せなくなってしまった」。その理由は…「たべものであるイカやタコが、このへんにいなくなったのであろう」、「海流が変わってしまった」。とりあえず、「獲りすぎた」とか考えない時代。…素敵です。(ヲイ)


また、無人島=ジャングルなんてのは作り話だよね、やっぱ。っていうのを感じた作品。
[PR]
by nino84 | 2005-08-14 10:44 | 読書メモ