本の感想などをつらつらと。


by nino84
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

『ドグラ・マグラ』 ―映画―

先日読んだ『ドグラ・マグラ』ですが、映像作品があったようです。

一読しただけでは、どうにも整理が付かなかったので、とりあえず、探して、見てみることにしました。が、意外と(?)ないのね。これ。
4件目でようやく見つけました。(DVDがあるとのことだったんだけど、VHSしか見つからず…)この時点で、結構つかれたよ。パトラッ…(以下略)

本編105分ということで、収まるのか?と思ったら、結構シーンが整理(カット・まとめ等)されてた。とはいえ、現実(そもそも現実かどうか分からんのだが…)と回想などのシーンを入れ子式にすることで、原作の雰囲気が上手く出せていたと思う。
また、ラストシーンなどは、解釈の仕方によって、どのようにも取れるので、どうなっているのかと思ったら、完全に記憶が戻ったという解釈でいったように見受けられた。そこには、個人的には、すこし違和感を感じないではなかった。もう少しぼやかして良かったように思う。

役者に関しては、桂枝雀の正木敬之がものすごくハマリ役で良い味出してた。主人公がどうも金子貴俊(漢字合ってるか?)に見えて、全編違和感ありすぎ…。いや、僕のイメージ違っていたのも一因だろうがな。主人公は、もっと病的で良いような気がした。
20年くらい前の作品なので、当時の役者でどう、ってのはいえないですがね。

全体的には、かなり満足のいく出来でした。シーンが整理されているので、原作よりも分かりやすいってのは、点数高い。あるいは、二度目だから分かりやすかったのかもしれないが。

ただ、同時に、シーンがカットされている関係から、突拍子もなく衣装が替わっていたりするので、細かな繋がりを重視するなら、原作読んでないと、厳しいかもしれない。また、原作の特徴でもある、ブウウーーンンンではじまり、ブウウーーンンンで終わるのが、再現されてなくて、そこはかとない違和感が…。
[PR]
by nino84 | 2005-08-24 10:59 | 視聴メモ