本の感想などをつらつらと。


by nino84
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

『機動戦士ガンダム 0083』

かれこれ2週間ほどかかりましたが、『機動戦士ガンダム 0083 STARDUST MEMORY』(1990)を観ました。

一年戦争から3年、オーストラリアのトリトン基地に2体のガンダムが運び込まれた。しかし、動き出したジオンの残党によって、1体のガンダムが強奪されてしまう。トリトン基地のテストパイロットだったコウ・ウラキはガンダムを奪った犯人、かつてソロモンの悪夢と呼ばれた人物とまみえる…。


「強奪される」と受け身形で書いてみたものの、なんか違和感があります。おそらく、終盤になるに従って、主人公がコウからガトーに移るからでしょう。ソロモン襲撃から後は完全にガトー少佐のお話です。最終話のコウの当て馬っぷりがもの悲しく感じてしまいます。もっと言えば、最終話の連邦のパイロットは空気でした。そういえば最近の作品にもこんなことがあったような気がします。

歴史の穴を埋めるという意味ではとても良くできた作品だと思います。ティターンズの成立を最後に持ってくるあたりとか、さりげなくジム・クウェルがでてきてたり。

ところで一番の見所は、「ソロモンよ、私は帰ってきた!」なのか、最後の散りっぷりなのか、甲乙つけがたいところです。なんにしても、ガトー少佐ありきで。あとは、シーマさんも良い感じでキャラ出てます。『宇宙の蜻蛉』をみないと魅力は半減なワケですが。なんというか、「わたしは故あれば裏切るのさ!」のセリフの重みとかもさ。
で、一番の問題児がニナさんですよ。どうしましょうか、このアリシア姫のようなキャラクター。なんかこう、最終話で一番やっちゃいけないことをやった人。おまえどっちやねんと。

え、主人公ですか?だからガトー少佐ですって。コウなんてただの当て馬です。見てない人にはそれがわからんのです。ガトー少佐のでてこない、月での一悶着は壮大なフリです。ケリーがガトー少佐の戦友だというただそれだけを言いたいがための、壮大なフリです。
[PR]
by nino84 | 2006-01-25 11:00 | 視聴メモ