本の感想などをつらつらと。


by nino84
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

「キッチン」

「キッチン」(吉本ばなな、『キッチン』新潮文庫収録)を読みました。

私がこの世でいちばん好きな場所は台所だと思う。世話をしてくれていた祖母が死んで、私は誘われるまま大学の同級生であり、祖母の知り合いであった田辺雄一の家に招かれた。彼の家の台所はとてもいい台所だった。彼の父であり母と、雄一と私。奇妙な3人の暮らしが始まった。

久しぶりの更新になりました。一度書かなくなると、ダメですね。復帰に時間が掛かります。2、3週間、放っておいてしまって、なんだか、記憶が消えつつありますが、とりあえず、書いてみます。本書はベスト・セラーになったので、説明もあまりいらないでしょう。まだ読んでいなかったので、いまさらですが、とりあえず読んでみようと、ふと思い立ちました。

さて、本作の主人公、「私」は祖母をなくし、身寄りをなくしてしまいます。そんななかで、田辺雄一に誘われて、彼の自宅で母と3人の共同生活に入ります。彼の母は、母とといっても、戸籍上は父親で、妻に先立たれて、他の人を愛することはないからと、女性になった人です。
彼らはとてもやさしく、穏やかで、「私」の元彼、宗太郎のもつやさしさとは別種の安らぎを「私」に与えてくています。「私」が欲しているのは、安らかな時間であって、社会の中で上手く生きていくということではないのでしょう。宗太郎ならば、新しいアパートを探して、大学に通わせて、ということをするだろうと、「私」は思います。でも、雄一たちはそのようなことはしません。ただ、家にいさせてくれる。「私」が身寄りを失い、喪に服する時間を、彼らは保障してくれるのです。その安らぎのなかで、「私」は少しずつ立ち直ってきます。

「人生は本当にいっぺん絶望しないと、そこで本当に捨てらんないのは自分のどこなのかをわかんないと、本当に楽しいことがなにかわかんないうちに大っきくなっちゃうと思うの」、雄一の母、えり子はいいます。「私」はそれが「わかる気がする」といい、祖母をなつかしむのでした。

喪の作業というのは、必要なんですよね、きっと。でも、それを社会は許してくれない。もちろん、忌引きという形で、通夜と葬式くらいはさせてくれるけれど、それはそれだけのことです。それは通過儀礼であって、それでもって、すべての幕が引けるというわけではない。人を失うという喪失感をやりくりできるようになるまで、本来なら時間をかけるべきなのでしょう。日々に追われ、喪に服することを忘れてしまった現代の悲しさを感じずにはいられません。本作にただようやわらかさは、それをつかの間でも与えてくれるものであったと思えます。
[PR]
by nino84 | 2009-04-19 22:50 | 読書メモ