本の感想などをつらつらと。


by nino84
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『レッドクリフ Part I』

『レッドクリフ Part I』を観ました.

漢の帝を擁する曹操は,劉備,孫権を討たんと兵を南進させる.数に劣る劉備,孫権両陣営は,対曹操の同盟を結び,曹操軍を迎え討たんとする.かくて,赤壁の地にて両陣営が見えることとなった.


また,DVDです.現在,Part IIが絶賛(?)上映中ですが,とりあえず,Part Iを観ていないとお話しにならないので,観てみました.

とりあえず,世界観が三国無双でした.劉備軍の関羽,趙雲,張飛はじめ,孫権軍の周瑜,甘興(甘寧のことかー!?)にいたるまで,なだたる将軍は一騎当千あたりまえのようです.
孔明はもちろん物語の中心人物のひとりであり,その軍略を披露してはいるものの,本編では常に周瑜とセットであり,なんとなく影が薄い存在です.劉備,孫権両軍同盟の橋渡しをするのが孔明であるために,序盤こそ目立ちはするものの,周瑜の登場以降,常に彼と共に軍を仕切ることになります.作品的には,その周瑜が推されているらしく,なんでか一騎当千の活躍,さらには小喬との仲むつまじい姿まで描かれて,完全に主役です.物語ですから,誰かを主役にはしなけりゃ盛り上がりもしないので,それはそれでいいですが,なんとなく違和感.あんたは前線で戦う人だっけか,と.
で,一方,戦うのが本職の趙雲,関羽,張飛はもちろん一騎当千.物語冒頭は長坂の戦い(らしい)だが,そこでの主役はまちがいなく趙雲と関羽.前者は劉備の子,阿斗救出シーンでの大立ち回りは圧巻.一方の関羽は長坂の戦いでただひとり残って(残ってしまった?)徒歩で戦ってたりする.曹操軍の兵たちをなぎ倒しながら曹操の目前まで迫って,結局見逃されるということになったが,結果はともかく,見せ場は作てもらった,という感じでしょうか.

とはいえ,私はそれほど三国志に詳しいわけではないので,話の細部が違ったところで,それほど気づかないところがあって,なので楽しめたのかもしれません.史実に忠実か否かは私では判断付きかねますが,どうだったのでしょうね.
個人的には,戦のシーンは迫力があってとても良かったと思います.
[PR]
by nino84 | 2009-05-06 19:26 | 視聴メモ