本の感想などをつらつらと。


by nino84
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『ダークナイト』

『ダークナイト』を観ました。

市警はバットマンとデント検事の協力のもと、マフィアの資金源を断つことに成功した。時を同じくして、ゴッサムシティ―にジョーカーと名乗るフリークが現れる。彼はマフィアのもとを訪れ、彼らの資金の半分を条件に、バットマンの殺害を約束する。

先回のアカデミー賞で、助演男優賞(ヒース・レジャー)と音響編集賞を受賞した作品です。ヒース・レジャーが死後にノミネート、受賞し、話題になりました。そんな彼の演技ですが、とても迫力がありました。あれはヤバイ。極度の愉快犯として描かれているため、かなりイカレた感じのキャラになっており、その演技は怖い。

作品全体としてとても暗い作品となっており、見事なまでにバッドエンドでした。2時間半ほどにもなる大長編映画ですが、バットマンとジョーカーは互いに殺しあわない(バットマンは法を守るため、ジョーカーは退屈しない遊び相手をなくさないため)ということで、途中どうやって話をたたむのかと思ってしまいました。とりあえず、というところで一段落しましたが…。あの終わり方であれば、ヒースレジャーが亡くならなければ、続編での登場も可能性としてはあったであろうに、と思ってしまいます。

法を守りながら、警察権を違法に執行するバットマン。彼は犯罪者を警察に引き渡しながら、その実、自らも犯罪者であるという自己矛盾を抱えている。それでも、それがゴッサムシティーに必要であると考えるから、全てが終われば、裁かれることを承知で、それを執行します。一方で、ジョーカー。彼にはルールはありません。彼はただ混沌と恐怖をもとめます。
決して交わることのない二人。ジョーカーは自らの目的を達成するためなら何でもします。市民を無差別に殺し、友人とガールフレンドの命を天秤にかけ、病院ごと爆破だってするのです。それは、常にルールが通じない戦いであって、バットマンは常に後手後手にまわってしまいます。結局、バットマンは町じゅうの電波を盗聴するというルール違反の末に彼を捕縛することに成功します。
ただ、そうしたジョーカー捕縛の過程で、彼は彼以外にも混沌の現況を創り出すことに成功します。それがデント検事。マフィアの資金源抹消に尽力した正義の人でした。しかし、ジョーカーに自らのガールフレンドを殺されるにいたり、自らの正義が通じない悪の存在に絶望し、復讐鬼となり、恐怖を振りまくことになります。それは、正義の象徴であったはずの人物でも復讐鬼となるという現実を、バットマンに知らしめるのです。
映画では希望も描かれますが、ジョーカーの存在感がありすぎて、そんなことはとても薄っぺらく感じてしまいます。

とにもかくも、ジョーカーの存在感のために、彼とバットマンとのやりとりは常にクライマックスの様相を呈して、先の展開が全く読めない映画でした。
[PR]
by nino84 | 2009-05-08 02:35 | 視聴メモ