本の感想などをつらつらと。


by nino84
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』

『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』(全10話+ラスト・リゾート)を観ました。

一年戦争当時の局地戦を描いた作品です。…が、これ舞台どこ?アジアということだったけど、ジャングルの奥地に住んでるゲリラが、砂漠地帯までバイクや馬で来られる地形ってどこなんでしょうか。また、ジャングルのすぐ近くに針葉樹林帯ってのも少し違和感を感じました。東南アジアには雪かぶるような山ってあっただろうか…。東アジア、西アジアはジャングルがなさそうなのですが…。
とはいえ、様々なタイプの局地戦を描きたいという理由があって、実は宇宙世紀になって気候変動でこうなりましたと言われてしまえば、それまでですので、気にしないことにしましょう。

また、局地戦ということでミリタリー色が強く、MS以外も意外と活躍するということで戦闘は楽しめました。地上戦で大まじめに音を感知して戦うというのは他のシリーズでは無かった描写ですから、新鮮でもありました。大方のシリーズでは母艦が空を飛んでいるので、レーダーで探知、やっておしまいという流れなので、こういう描写は面白いなと思います。

あとはキャラクターですね。ノリスさんがすばらしいおじさんです。戦いに負けて、勝負に勝つ。まさに漢。ただ、あの鋲のついたヘルメットはどうなのでしょうか。あれじゃ黒い三連星だ。
で、とりあえず主人公。シローくん。なんか、未来世紀を生きた某キング・オブ・ハートを思い出しました。どさくさにまぎれて告白するのが大好きな人。命令違反はミリタリー色つよければ避けて通れないキャラクターの悲しい定め。かなしいけど、ここ軍隊なのよね、と皆さん思うモノです。枠の中で行動していると話が展開しないので。

全体的に観れば、場面が多少とびとびなのが気になりますが、なれてしまえばそんなものなのかなと思います。12話の予定が10話+特別編ではそのあたりは仕方がないのでしょう。とにかく、ひと味違った戦争になっているので面白かったですね。
[PR]
by nino84 | 2006-03-07 15:16 | 視聴メモ