本の感想などをつらつらと。


by nino84
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

『くまのプーさん』

『くまのプーさん』を観ました。

イーヨウのシッポがなくなった⁉なくなったイーヨウのシッポを探して、100エーカーの森は大騒動。

ディズニー久しぶりのセル画風アニメ。やはり、こういうタッチの作品のほうが、落ち着く。最近のディズニー、ピクサーはじめ、海外の劇場アニメは、CG然とした作品が多く、入り込めない感じを受けることもあった。しかし、この作品は、絵のタッチとその内容の調和が取れており、好感がもてた。

さて、作品の筋は特にないようなもので、イーヨウのシッポを探すだけ。しかも、見つからないから、と早々に代わりを探しはじめる始末。そもそもシッポをなくすということが、そのままなんの違和感もなく受け入れられているという世界観が、またどこか牧歌的ですらある。

絵本を読み進めるように話が進みますが、地の文を読むナレーターとプーが会話したり、地の文通りに動かなかったり、果ては段落のうえを歩いて行ったり、絵本の中でキャラクターがマイペースに動き回る。
本の中で、キャラクターが生き生きと動き回る様は、本当に小気味良い。またその動きひとつひとつが可愛いので、先ほど指摘した絵のタッチとも相待って、筋書きではなく、そのキャラクターが動くのを楽しむ、という作品でした。

アニメが珍しくないこの時代に、キャラクターが動くのが、しゃべるのが楽しくて仕方ない、そんなアニメを観られて、驚いた。また、そんなアニメとしてこの作品をみられた自分にも驚いた。
[PR]
by nino84 | 2011-09-22 07:53 | 視聴メモ