本の感想などをつらつらと。


by nino84
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

『夜のピクニック』

『夜のピクニック』(恩田陸、新潮文庫)を読みました。

「歩行祭」と呼ばれるそれは、全校生徒が丸一日歩くという北高の伝統行事だ。
よく晴れた朝、多くの生徒がそれぞれの思いを胸に歩き始める。3年生にとっては最後の「歩行祭」だから、それぞれが思い出やたわいない話をしながら歩く。3年生である甲田貴子もそれは同じだったのだが、彼女は一人、密かに賭をしていた。その賭に勝ったら…



仲間内で8時間耐久読書というのをやって、そのなかで最後の作品だったので、とても疲弊して読んでいました。それでも楽しく読めたのですから、それなりに文体が軽くて、読みやすかったということでしょう。

内容的には、ジュブナイルなんですかね。なにか大きな事件が起きるわけではなくて、基本的には、淡々と歩くだけ。そうしている間の生徒間での会話で話が展開していく。ある意味で極限状態だから、いろいろな話題が出てくる。思い出だったり、進路だったり、恋愛話だったり。そういう内容が、実に高校生っぽく語られる。それがありそうだな、と思うからこの作品が軽く読める作品になっているのだろうと思う。小説なのでキャラクタの設定がそりゃないよ、という部分があったりするのですが…。
それにしても、こういう作品を読んでいると、どうしても自分の高校時代を思い出さざるを得ないわけです。それで毎回すこし落ち込むのです。あまりにもひどい高校生活を送ってきたから…。とても面白かったのですが、あれは高校生活の正しい在り方じゃないな、と年を経るごとに思う。
ただ、理想の高校生活が高度に理想化されすぎていくということもあるのだろうと思う。


そういえば、「いったいどこまでが恋に恋していて、どこから先が恋人に恋していると決められるのだろう」という作中の言葉が妙に印象に残りました。とはいえ、単についこの間、男4人で全く同じ話題で盛り上がったのを思い出しましただけです。だからどうということはありませんが、結局思いこんだら勝ちだろう、とひねくれた結論にたどり着きました。
だって、合コンとかどうするんだよ?みたいな。


ところで、本筋とはほぼ関係ないですが、結局回収されてない謎があるように思います。僕が集中力不足で読み飛ばしてしまったのでしょうか…?誰が、孕ませた~!
[PR]
by nino84 | 2006-09-30 21:18 | 読書メモ