本の感想などをつらつらと。


by nino84
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

「MIMIC」

「MIMIC」(安井健太郎、『ラグナロクEX. MISFORTUNE』角川スニーカー文庫収録)を読みました。

リロイはミリィという女性を訪ねてある屋敷を訪ねた。そこで待っていたのは、「そんな女は知らない」という秘書の男と、その屋敷の用心棒であった。交渉事が苦手なリロイは結局手を出してしまうのだが、どうも用心棒たちの様子がおかしい。


こういう救われない話のほうがなんとなく『ラグナロク』だ、という気がしてしまいます。先日も言ったように、僕の勝手なイメージですが。

やはり立ち回りがあるのですが、今作ではそれに加えてホラーのような要素も加わっています。基本的な流れを変えずに、少しずつ足す要素を変えて作品を形成していくのは、なんとなく先に読んでいた『ホームズ』シリーズに近いものがあるのかもしれません。
特に、ライトノベルの短編というのは、雑誌にオムニバス形式で一話読みきりで掲載していることが多いので、どうしても基本形を崩さずに、何かを加えていくという形になるのでしょう。そういえば、『ホームズ』シリーズも雑誌に連載という形をとっていましたね。

『ホームズ』シリーズの連載当時の読者が誰であったのか、僕は知りません。しかし、作品を読むと、シャーロック・ホームズがヒーロー(「主人公」という意味ではなく、日本語的な意味で)として書かれているのがよく分かります。とすれば、『ホームズ』シリーズというのは、昔のライトノベルのようなものなのでしょうか。時代によって、作品の受け取られ方が変わっていくのは、当然ですから、当時そのような作品であったとしてもおかしくはないですよね。
これから、ライトノベルというのが成熟していったら、どのような位置におかれていくのでしょうね。あくまで漫画と小説の中間だとおもっている僕としては、漫画やアニメの価値が上がっていくにつれて、多少その作品としての地位もあがっていくような気がしています。ただ、最近認められてきたとはいえ、メインのカルチャーになりきれない漫画やアニメの地位がそこまで劇的にあがるとは考えにくいのですが…。
海外で評価され続けたら状況もかわるのでしょうかね。
[PR]
by nino84 | 2006-11-30 22:11 | 読書メモ