本の感想などをつらつらと。


by nino84
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

「知られざる傑作」

「知られざる傑作」(バルザック、水野亮訳、『知られざる傑作 他五篇』岩波文庫収録)を読みました。

駆け出しの画家、ニコラ・プーサンは絵の大家であるフレンホーフェルと出会う。
聞くところによると、フレンホーフェルには数年来書き続け、それでもいまだ完成をみない『美しき諍い女』という作品があるらしいのだが、それを決して人には見せようとしないらしい。ニコラ・プーサンはなんとかその作品を見たいと願うのだが…



芸術の役割は、あるものをあるもの以上にそこにあるものとしてとらえることである。そのまま写し取るだけならば、写真でいいのだ。もちろん、写真がない時代にあっては写実主義が隆盛を極め、それでもって芸術としていてもよかった。しかし、写真の登場以後は、芸術は写真以上に写実的になることはできず、したがって、写真との差別化を図るために、芸術がものの存在の中に一歩踏み込まなくてはならなくなる。
たとえば、「近代絵画の父」といえば、セザンヌだが、彼がセント・ビクトワール山を何度も描き、ある時など、異なった角度から見た風景を一つの絵に落とし込んだことはまさに山そのものの存在を描こうとしていたと思える。
これ以降でいえば、ピカソに代表されるキュビズムはセザンヌのそうした方法に似通ったものがあり、絵が現実以上に現実を表すことを目的としていると思える。

さて、本作は―文末の表記に従えば―1833年に書かれたものであり、セザンヌ誕生以前にかかれたものである。さらにいえば、これは印象派が誕生(19世紀後半)する前の作品であって、芸術論としてかなり前衛的なことを訴えていると思える。
加えて、本作は小説として成り立っているのだから、芸術論だけでなく、それに加えて作品としての起承転結、つまりしっかりオチまでなくてはならないのだが、それもなかなか示唆に富む。芸術家がものの存在に近づこうとすれば、そこには際限がないから、作品は永遠に完成しない。そしてそれでも筆を加え続ければどうなるか。
おそらく、描いている本人は、それで存在そのものに近づいている気にもなるだろう。しかし、それは決して見るものに伝わることはない。芸術は独りよがりではいけないと思う。写実から離れたところで、人が見て、存在そのものをどこまで判断できるか、それを意識してなくてはいけない。
それを見失うと、ふと気づいたときに何が起こるか。そこまでをしっかりと描いているように思う。
[PR]
by nino84 | 2006-12-28 13:41 | 読書メモ