本の感想などをつらつらと。


by nino84
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

『陰日向に咲く』

『陰日向に咲く』(劇団ひとり、幻冬舎)を読みました。

芸人、劇団ひとりによる連作小説です。主人公を異にする5本の短編が収録されています。収録作品は、「道草」、「拝啓、僕のアイドル様」、「ピンボケな私」、「Over run」、「鳴き砂を歩く犬」(収録順)となっています。

「道草」
仕事にプレッシャーを感じていた私は、それから逃れるために、ホームレスになろうと考える。とはいえ、妻も娘もいる身で仕事をやめる決心はなかなかつかず、とりあえず空き時間にホームレスをはじめてみることにした。

「拝啓、僕のアイドル様」
僕の好きなアイドル、ミャーコ。僕は彼女のために今日もファンレターを書く。生活費も削って、ミャーコを勝手に愛している。そのために、最低(限)の生活しか営めなくなり、ホームレスに間違われようが、それでも一方通行的に彼女を愛している。それでいい。

「ピンボケな私」
私は自分に自信がない。自分に自信がないから、恋愛だって私が好きなことを気づかれないようにしていることを、相手が気づくのを待つ。それがダメだってわかってるから、とりあえず、行動しようと思った。

「Over run」
ギャンブルで借金まみれ。パチンコで負け、競馬で負け、さすがにやめ時だとは思ったんだけど、借金は減らない。仕方ないから、ここは一発"神様コール"でお金を手に入れよう。

「鳴き砂を歩く犬」
私、鳴子は今までの不幸な自分から逃れるため、東京にやってきた。修学旅行の時に会った芸人を探すためってのもあったんだけど、なかなか見つからないの。
でも、とうとう浅草のストリップ劇場でソイツを見つけた。


本来なら、1編づつで感想を書くところなのですが、本書が友人からの借り物であるため、時間的な都合から、まとめて感想を書くことにします。冒頭でも書きましたが、本書は、連作小説であり、互いに多少の関わりをもった作品群なので、まとめて感想というのも間違った方法ではないのかな、と自分で納得させてみたり。

さて、劇団ひとりさんの処女作ということでしたが、彼の視点が売れない芸人やオタクなど、一般に社会からの落伍者とされてしまうような人たちに向いていて面白い。彼が芸人として下積みをしてきたからというのもあるのだろうが、そういう人たちの内側を、あまり暗くなることなく描いているのが印象に残る。
また、ただ文章を書くだけでなく、しっかりとそれぞれの作品のつながりが考えられていたり、巧みにミスリードされたり、技巧が施されてもいる。そのために、「あぁ、巧いな」と思える。
それぞれの作品がつながっているといのは、同じ世界にいろいろな人が同じ時間を生きているんだということを実感させる。それは特に、ひとりでは生きていけない、なにか支えを必要とするような人の存在をより強調することになって心地よい感覚を生み出したのだと思える。

もちろん、処女作だから、彼が技巧を施すのは当たり前だと思える。書き手として、持っている道具は使って見たいと思うのが心情だろうから。でも、この技巧の用い方が偶然でなく、彼の意図したところだったら、彼はホンモノだな、と思う。もう一作読みたい。
[PR]
by nino84 | 2007-01-25 12:18 | 読書メモ