本の感想などをつらつらと。


by nino84
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

「洋館」

「洋館」(吉田修一、『DS文学全集』任天堂にてダウンロード配信)を読みました。

港へ向かう路地に古い洋館が建っていた。そこは良平の通学路で、彼は毎日その路地をランドセルを背負って駆け抜けていた。
洋館にはバンカンが住んでいた。もし、捕まれば、リアカーに載せられて、遠い市場で人買いに売られてるという噂があった。


これで6作目になります、『DS文学全集』(任天堂)のダウンロード配信オリジナル作品です。4月分は吉田修一さんが『トロッコ』(芥川龍之介)をモチーフにして描いた作品になっています。
吉田修一さんは、『DS文学全集』の一連のオリジナル作品を描いた作家さんのなかでもっともなじみがなかった方です。代表作の名前を見てもあまり聞いたことがないという…。かろうじて聞いたことがあったのは『パーク・ライフ』くらいでした。芥川賞を受賞されたそうなのですが、存じ上げませんでした。
現代の作家さんの作品てホントに読んでないなぁ、と今更ながらに思います。


さて、内容に入りましょう。本作は『トロッコ』をモチーフにしているということでしたが、同じコンセプトで書かれた他の作品と比べるとどのようにモチーフにするのかという部分が違うかな、という気がしました。
これまでの作品は、モチーフにした作品に出てきた場面やキャラクターを場所や時間を移して作家さんが動かすというように、かなり露骨に下に敷いているという感じがしましたが、本作はそのような露骨に分かるものではありません。トロッコは出てきませんし。むしろ本作は『トロッコ』とテーマ(らしきもの)を一にしているといえます。すなわち、未知のものに対する恐怖というテーマで本作は描かれています。

『トロッコ』での恐怖の対象はどこまで続くか分からない線路でした。主人公はその線路の先にあるものを夢見ながらも、次第に家から離れ、日も暮れていくにもかかわらず終わりの見えない線路に恐怖を覚えるのです。
一方、本作『洋館』では恐怖の対象は正体不明の洋館の住人バンカンです。主人公、良平はバンカンが怖くて仕方ないのだけれど、その正体が気になってしまうのです。そして良平は上級生に誘われるままにバンカンの洋館を訪れてしまうのです。
知らないから、怖い。両作とも、こうした類の恐怖について描いているのでしょう。

校区内にあるいわゆるお化け屋敷を中心にして、うまく現代にアップデートされた作品になっていると思います。
[PR]
by nino84 | 2008-04-08 17:24 | 読書メモ