本の感想などをつらつらと。


by nino84
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『ドラえもんのび太の恐竜』

『ドラえもんのび太の恐竜2006』を観ました。

スネ夫に恐竜の化石を自慢されたのび太は、もっとすごいものを見つけてやると躍起になって、偶然にも恐竜の卵の化石を発見する。それでも満足できないのび太は、タイムふろしきを使って1億年の時間を遡らせ、それを孵化させた。孵ったフタバスズキリュウはピーすけと名づけられ、密かに飼育されるた。
しかし、あまりに大きくなりすぎたピーすけを人の目から隠すことは難しく、ある日、町じゅうを巻き込む恐竜騒ぎになってしまう。のび太はピーすけを白亜紀の海にかえすことを決意するが、そこでタイムマシンが壊れてしまい、現代に帰ることができなくなってしまう…



『名探偵コナン』シリーズでも記事を書いてるので、こういう作品で記事を書くのは自分のなかではありなのですが、観てる場所が場所なだけに、書こうか書くまいかと悩んだりしました。まぁ、たぶん書ける。…ちなみに、途中、数分寝ました。

さて、本作は『ドラえもんのび太の恐竜』のリメイク作品です。ただ、私は旧作を観ていないので、なにが違うとか、どっちのほうが良かったとか、そんな話はできません。
そもそも『ドラえもん』っ子ではなかった私は―もちろん日本人ですから登場キャラクターと旧ドラえもんの声優(大山のぶ代)くらいは知っているし、テレビはちょくちょく、長編ドラえもんは1作(『不思議のラビリンス』だったはず)は"とおして"観たことがありますが―『ドラえもん』にそんなにコミットしていないのです。一番はまるであろう年代で別のものにはまっていたというのが一番の原因ですが、その話は本作とは全く無関係なのでやめます。
とにかく、とても久しぶりの『ドラえもん』。しかも新声優での長時間視聴ははじめて、という状況での視聴となりました。

話をもどします。本作は、長編『ドラえもん』らしく、とりあえずなんらか悪者はいるのですが、どうもそれがいなくてもはなしが成立ように思います。そもそも本作は「のび太"の"恐竜」であって、イタリック体で上述のとおり、ピーすけを育てる"母"のび太の物語であって、その決められた別れこそが最も描かれるべきものでしょう。そのために物語の導入部分ののび太とピーすけのやりとりは丁寧に描かれていたと思えます。
卵を孵す一連の流れ、およびその後の飼育の流れについては、そもそもスモールライトはじめ道具を使いつづければ、それで解決したはずの話であって、したがってドラえもんがあえて「あたたかい目」で見守ったという行動自体がこの作品の根幹でしょう。のび太が自分で全部頑張って、頑張った挙句にそれでもやってくる別れをどう受けいれるのか。自分の満足でなく、ピーすけのための選択が、できるかどうか。
当初、スネ夫を見返す道具でしかなかった恐竜に感情移入していく過程。そして、別れに自ら進んでいく過程。一度目の別れの時には、のび太はピーすけをドラえもんの道具を介して観ていましたが、たぶん二度目の別れの後、彼はもうピーすけをそうして観ることはないのかな、と思います。ピー介はペットではないのだから、ずっと保護して、かわいがって、というのは関係として間違っているのです。心配はするでしょうが、監視まではしないでしょう。結局、そうしたことをしないのは、のび太がピーすけの主体性を認めるということです。この最後の時点で、のび太は明らかに親であって、のび太は子離れしています。そんな子離れのお話だと観ました。
そんなことで、―ドラえもんの「あたたかい目」があやしかったので、笑いでまぜっかえされていますが―なに気に序盤のドラえもんの行動は重要かな、と思いました。

こうした思いがあったために、起承転結でいえば、転の終わりがけのもっともテンション的には盛り上がっているべきところで、寝ました。悪役はいらないのではないかと、思ったのです。
もちろん、それでは映画的に盛り上がりには欠けるでしょう。いっそ、もっと短くてもおさまる展開ではありますが、体感の時間が短いとテーマ的には説得力に欠けると思えます。最も短い展開は、一度目の別れですべてが解決するパターンですが、それまでにさまざまな葛藤(スネ夫を見返したいこと、自分で最後まで育てたいこと、ピーすけの主体性を認めること)を詰め込むのは、完成したものを観るまでもなく、明らかに説得力に欠けます。
そこでアメリカ大陸から北周りで日本を目指している最中の飛び飛びのシーンを重ねることに意味があるのです。しかし、ただの旅でたとえ山あり谷ありとはいえ単調になりますから、やはり悪役がでてくることが一番てっとりばやい盛り上げ方ということになりましょう。

結局のところ、私がなにを言いたかったかというと、感想を書こうと決めて観はじめた作品で、寝てしまった言い訳を言いたかったのです。こんなことを書いた後では弁明のようになりますが、新声優陣も、新しいキャラクター描写も違和感なく受け容れられました。とくに新しいドラえもん像は、たぶんむしろ好きですらあります。そんなことで、全体としては面白かったと言えます。最後は(寝起きでしたが、)きっちり感動できましたし。
[PR]
by nino84 | 2008-10-07 21:58 | 視聴メモ