本の感想などをつらつらと。


by nino84
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

「しあわせな光」

「しあわせな光」(三崎亜記、『バスジャック』集英社文庫収録)を読みました。

僕は、街を見下ろす丘の上に立ち、双眼鏡でいつものように一つの光を捜し求めた。自分の部屋の窓。その窓からは、まだ両親が生きていた頃の僕たち家族の生活する姿が映し出されていたのである。

昨日に引き続き、三崎さんの短編集からです。とはいえ、本作は3ページほどの掌編です。

丘の上から自分の部屋の窓を見ると、昔の風景が見える。「僕」は、両親を事故で無くしており、ずっと独りで生活してきたので、それを懐かしさをもって、見つづけます。しあわせだった頃の記憶。自分が今、得られないもの。それを丘の上から見える自分の部屋の窓にみて、「僕」は何を感じるのか。
「僕」はどんな光景が見られるのだろうか、といって丘の上にやってきます。そこからは、今の生活の不条理さを感じているのか、またかつての生活をただ懐かしんでいるだけなのか、判断はつきません。しかし、なにはともあれ、彼は繰り返しそこに来て、かつての幸せだった頃の思い出に浸ります。それは現実逃避ともとれるのです。
最終的に、部屋の窓は、全く知らない女性と僕に似た男、そして幼い女の子をうつしだし、それ以降なにもうつしださなくなります。そして彼は後日、その知らない女性と出会いました。

全体的な感想としては、あともう少し、という感じでした。窓から見える光景が彼の現実逃避なら、それはそれでよくて、そこで昔を思い出して、現在の時点からそれを意味付けていくといったことをするなら、そういう話でよかったのかな、と思います。また、オチについても、いっそ後日その女性と出会うのではなく、その前に出会っていて、「僕」がなにかを感じつつあった女性の姿を見出して、それ以降なにもうつしださなくなる、といったことでもよかったのかな、とも思います。
「僕」の思いが窓から見える光景を見せているのだとしたら、「僕」がそれを見なくても生きていけると思ったときに、それが見えなくなるはずで、とすれば見える光景は彼の理想である必要がある。本作の終わりの形だと、見える光景が彼の理想だということはいえるのだけれど、彼の心情の変化―過去に生きているところから現在をいきるようになった変化―は伝わってはこない。また、そもそも理想を見て、そのあとで女性を見つけたとすれば、容姿からその女性をある種の運命の相手と見ているわけで、なにか「僕」の幼さを感じてしまいます。
個人的には、窓にうつる光景に動かされるのではなくて、動きたくて動けない部分で、それを窓が保障してくれる、というほうがしっくりきます。もちろん、主人公が精神的に高みにいなければいけないということもないし、成長しなければいけないというルールがあるわけではありません。作品は作品として受け止めればいいのですが、やはり書くからにはアイデア一発勝負よりは個人的には、読んでなにか残った方がいいな、と思いますので、すこし物足りませんでした。

掌編なので、すべてを詰め込むことはできないのでしょうが、少し要素が削られすぎているように感じました。
[PR]
by nino84 | 2008-11-28 21:57 | 読書メモ