本の感想などをつらつらと。


by nino84
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『恐るべき子供たち』

『恐るべき子供たち』(コクトー,1929)読みました。翻訳は、鈴木力衛さんです。

とりあえず、なんか微妙…。詩人の書く文章ってのはこういうものなのだろうか?それとも、翻訳に問題があるのだろうか?
よく分かりませんが、なんか受け付け難い作品でした。逆に、よく分からないから、受け付け難いのかもしれません。


閑話休題。物語は、ある少年が雪合戦で雪玉をぶつけられ、倒れることから動き出す…。その少年は、雪玉によって傷つき、勉強をあきらめざるを得なくなった。彼とその姉を中心に、子どもたちの不思議な関係が描かれていくことになる。

この作中では、少年とその姉は永遠の子供だ。あるいは、そういたいと願っているだけかもしれないだが。
友人から干渉を受けようと、2人は外の世界へ積極的に出ては行かない。いずれかが外の世界と関わりを持つようなことがあれば、片方が全力でそれを阻止する。一方で、子どもでいようとする限りにおいて、彼らは外から人を受け入れる。子どもの世界ならば、そのような狭い世界も可能であろう。しかし、彼らは成長してしまう。時間は彼らが子供であることを許さない。
成長によって、人は外へと出なくてはならなくなる。それを拒みつつけた姉は、結果的に弟を死に追いやる。それが、世界の終わりであると気づき、彼女も弟の後を追う。
しかし、そうした行為によって、彼らは永遠の子どもであることを続けた…。


ごめんなさい。自分で勝手に物語を作ったような気もする。
解説を参考に考えると…「好きだから。一緒にいたいから。それを妨げる要因があるならば、たとえ相手が傷つこうと全力でそれを排除する。」っていうことかなぁ…。まぁ、確かにそういうのが子どもだろう。
他人を理解しない、しえない。他人は自分と同じ存在である。そういう感覚を持っているのは。


…えっと、あれです、一見難しそうなことを行っておけば、なんとなく正しそうに見えるという。いや、こういう公のところに書くのだから、むやみやたらに書くべきではなのだろうけれど、自分の考えを整理するためにも、「書く」という行為は有効だと思う。意外と。ということで、納得して頂けませんか?


結論。
僕には、詩人の文章は読めません…。抽象的すぎるんだよ、なんか。
[PR]
by nino84 | 2005-08-31 10:40 | 読書メモ

『失踪HOLIDAY』

『失踪HOLIDAY』(乙一)読みました。

性懲りもなく、また乙一さんです。これも、角川、夏の100冊になってます。
実は、レーベルが角川文庫ではなく、角川スニーカー文庫だったりします。『GOTH』は角川文庫だったので、以降は角川文庫になるのでしょう。
スニーカー文庫を100冊の中に入れてしまうほど、目玉の作品がないのか、角川書店?

内容を分類したら、ジュブナイルって感じかな。手軽に感動したければどうぞ、っていう作品です。例にたがわず、短編集というかたちで、表題作『失踪HOLIDAY しっそう×ホリデイ』と『しあわせは子猫のかたち ~HAPPINESS IS A WARM KITTY~』の2作が収録されています。


『失踪HOLIDAY』は、無駄に長いなという印象を受けました。

訳あって、血の繋がらない父と母のもとで暮らしていた菅原ナオは継母とのけんかの末、家出する。しかし、その家出先は同じ敷地内にある使用人の部屋で…。
というのがあらすじです。

個人的な考えですが、家での理由が、親子関係にあるのだから、その気持ちの変化を追いかけるという作品で良かったのではないでしょうか。確かに、作品を多面的に見ることができて、深みがでるといえるかもしれませんが。
また、ミステリ要素をからめることで、最終的な話題の中心がずれているように思いました。親子関係にも、もちろん触れられていますが…変な要素を過度に加えると、感動が半減しません?

余談ですが、要素を詰め込みすぎだ、という理由で、『いま○会いにゆきます』も素直に感動できません。夫があんなキャラクターである意味は何ですか?


『しあわせは子猫のかたち』は、素直に感動できるお話でした。

引きこもりがちな主人公が、大学入学を期に、一人になれる新しい環境を求めてとある一軒家に引っ越してきた。なんでも、その家の前の住民は強盗に殺されてたらしい。そんないわくつきの家に引っ越したその日から、その家の中で奇妙な現象が起こる…。
あらすじはこんなところです。

こっちもミステリ要素は絡んでますが、話題の中心を補完するという形になっているため、あまり気にすることなく読み切ることができました。

「…きみに、この世界を嫌いになってほしくない。…際限なく広がるこの美しい世界の、君だってその一部なんだ」。まぁ、引きこもりに向けた言葉ですがね。いいじゃん、こんなクサイ感じ。個人的には、いいたいことは、ここに集約されてると思います。


スニーカー文庫という一般的にはラノベのレーベルからでてるので、読みやすい作品には違いありません。読書の初心者には良いかも。書きながら思ったことですが、初心者向けという事で角川の人たちは「夏の100冊」に選んだのでしょう。たぶん。

まぁ、あまりスれた人にはお勧めしません。逆に読んでもらってもかまいませんが、僕は、反感を持つのが分かっている人には勧められません。2作ともクサイですから。
[PR]
by nino84 | 2005-08-27 10:41 | 読書メモ
先日読んだ『ドグラ・マグラ』ですが、映像作品があったようです。

一読しただけでは、どうにも整理が付かなかったので、とりあえず、探して、見てみることにしました。が、意外と(?)ないのね。これ。
4件目でようやく見つけました。(DVDがあるとのことだったんだけど、VHSしか見つからず…)この時点で、結構つかれたよ。パトラッ…(以下略)

本編105分ということで、収まるのか?と思ったら、結構シーンが整理(カット・まとめ等)されてた。とはいえ、現実(そもそも現実かどうか分からんのだが…)と回想などのシーンを入れ子式にすることで、原作の雰囲気が上手く出せていたと思う。
また、ラストシーンなどは、解釈の仕方によって、どのようにも取れるので、どうなっているのかと思ったら、完全に記憶が戻ったという解釈でいったように見受けられた。そこには、個人的には、すこし違和感を感じないではなかった。もう少しぼやかして良かったように思う。

役者に関しては、桂枝雀の正木敬之がものすごくハマリ役で良い味出してた。主人公がどうも金子貴俊(漢字合ってるか?)に見えて、全編違和感ありすぎ…。いや、僕のイメージ違っていたのも一因だろうがな。主人公は、もっと病的で良いような気がした。
20年くらい前の作品なので、当時の役者でどう、ってのはいえないですがね。

全体的には、かなり満足のいく出来でした。シーンが整理されているので、原作よりも分かりやすいってのは、点数高い。あるいは、二度目だから分かりやすかったのかもしれないが。

ただ、同時に、シーンがカットされている関係から、突拍子もなく衣装が替わっていたりするので、細かな繋がりを重視するなら、原作読んでないと、厳しいかもしれない。また、原作の特徴でもある、ブウウーーンンンではじまり、ブウウーーンンンで終わるのが、再現されてなくて、そこはかとない違和感が…。
[PR]
by nino84 | 2005-08-24 10:59 | 視聴メモ

『戦国自衛隊』

『戦国自衛隊』(半村良, 1971)読みました。

演習に参加していた自衛隊を「時震」が襲った。そして、30名ほどの自衛隊員たちは永禄3年にタイムスリップした。そこで、彼らは長尾影虎に出会う。はたして彼らがそこに存在する意味とは…。


もう少しかかるかと思ったら、予想以上に短くて(本編166ページ)、一日で読めてしまったよ。言わずと知れた、SF作品。今年、『戦国自衛隊1549』として原案・半村良、原作・福井晴敏で映画化されたので、聞いたことのある人もいると思います。しかし、福井版はあくまで21世紀の自衛隊がタイムスリップですから、一段と凶悪なことに…なってるのか?観てないのでなんともいえませんが。

ちなみに今作でタイムスリップしたのは隊員×30、ヘリ×1、哨戒艇×1、装甲車×1、トラック×?。個人的には、これで戦国の世を変えられるのか?っていうギリギリのラインだと思う。そもそも弾薬、ガソリン(石油から精製できれば別だが)などがつきたら終わりだし。
結果は言ったら面白くないので、詳しくはいえませんが、上手く持っていったなっていうかんじです。

これはまったく個人的な希望ですが、戦国時代の空を飛ぶF-15Jとかも見たい気がする。
でもこれをやると、思い浮かぶ絵が面白くないんだよね。超高々度から、拠点を爆撃→終戦。これじゃ心理描写も何もあったもんじゃない…・。

あぁ~、福井版も見たくなってきた。70年代と比べると、さらに強くなった自衛隊をどう処理したんだろ?でも、小説はハードカバーだから高いしなぁ。


なにはともあれ、短いことは良いことだ。短い=安い=読みやすい。最強コンボですよ。まぁ、SFという時点でアレだが…
[PR]
by nino84 | 2005-08-22 10:42 | 読書メモ

『ドグラ・マグラ』

『ドグラ・マグラ 上・下』(夢野久作, 1935)読了。

もう、つかれたよ、パトラッシュ。
「これを読む者は、一度は精神に異常をきたすと伝えられる」(紹介文)…煽りすぎだよ、角川書店。表紙も含めて、取っつきにくさが目に付きます。
作品は、一般にはミステリに分類されています。しかし、読み終わって、すっきりしないミステリってのは、どうなんでしょう?まぁ、それはこちらの読解力の問題ともいえるので、それはそれなのでしょうか。

それにしても、解説にも書かれていましたが、知識の量はすごい。フロイトの理論、中国古典など、多岐にわたる知識をこれでもかと下に敷いており、およそ70年前に書かれた著作とは思えないエネルギーを持っています。

また、中心に据えられているのは、所謂、記憶の遺伝です。形質が遺伝する。さらに、それが、系統発生的に、個々の家系で独特の形質を示すようになる、ということは納得できましょう。しかし、記憶のそれは、記憶が遺伝子に記されているということになって、明らかに、とんでもないことなのですが…。このあたりにユング的なにおいを少し感じますが、作中では、人という種による記憶(無意識)の共有でなく、あくまで血による記憶の共有という事で、少しずれています。
一方で、作中での記憶の共有は、自閉症等の遺伝性の精神病を示唆しているとも見えます。
(主人公の家系は「狂人の家系」と言われていることから、こちらと見たいところですが、作中で、完全に記憶等が先祖返りしているため、イコールではない。)
さらに、痛烈な精神科医批判(精神病の解放治療への示唆や、精神病の診断名についての批判等)も凄い。もっと後世になってからの事ですよ、それが言われるようになるのは。

あとは、「変態性欲」所謂、死姦等)にもふれており、(っていうかキーワードの一つですが、)このあたりにもフロイトの考え方(リビドー)を感じなくはない。
ちなみに、フロイトの『夢判断』は1900年出版。ユングの元型(アーキタイプ)は1919年。翻訳がいつでたのか分かりませんが、何にしてもまだ学会レベルでしょうきっと。結果よりも著者の思想のほうに、感心してしまったのは、僕が心理寄りだからですか?


結局、一週間近くかかりながらこの程度のことしか書けません。結論に自信がもてないからいけないんですよね。今回は、メモがかなりメモでしかないので、興味を持ったらググってみてください。なかにはネタバレ前提で、一読してからの方が良いサイトもありますが。
[PR]
by nino84 | 2005-08-21 10:43 | 読書メモ

『GOTH』

『GOTH 夜の章』、『GOTH 僕の章』(乙一)読みました。

もともと1冊のハードカバーだったものを、2冊の文庫にしたものです。「人の残酷な面を覗きたがる」1組の男女を中心に据えた短編集だったりします。
内容としては、ミステリ仕立てのラノベだと思ってください。割合は、「本格ミステリ大賞」受賞してしまうくらいミステリ寄りということで…


『夜の章』収録
「暗黒系 Goth」

連続猟奇殺人事件に興味を持つ「僕」と森野。そんなとき、行きつけの喫茶店で森野が犯人のものらしい手帳を拾う…

「人の残酷な面を覗きたがる」という事の意味が分からないと思いますが、これ読んだら、なんとなく分かるはず。ずっとそういうスタンスです。彼は。
まっとうな推理小説っぽい(?)作品。who does it?(「フーダニット」と最近は言わないのか?良くわからんが。一昔前のミステリはこんな言葉も使われていたなぁ…)

「犬 Dog」

「僕」は連続飼い犬誘拐事件に興味を持つ。その犯人は「私」とユカ。「私」はある目標のために生き物を殺す訓練をしていた。そして、その目標を達しようとしたが…

ここでなんか書くと、一瞬で面白くなくなってしまうような気がする。ミステリの感想文って書きにくいなぁ。でも、良い意味で乙一っぽい作品に仕上がっております。

「記憶 Twins」

「僕」に妹のことを話す森野。幼いときに死んでしまったという妹に興味を持った「僕」は森野が昔すんでいた家を訪ねる。

短編集といいながら、繋がりがある作品群なので、「犬」で張った伏線をこの作品で解決してみたりしてます。後半ちょっと混乱してしまいましたが…。


『僕の章』収録
「リストカット事件 Wristcut」

手に異常な執着を示す篠原。彼は自宅の冷蔵庫に多くの手首を保存していた。
しかし、あるときその手首がなくなってしまう。その犯人は「僕」なのだが…。

犯人が推理をするという妙な作品。僕があまりミステリ読まないので、断言できないが、物珍しさありきの作品か。…でもしっかり「僕」と森野の性格が一貫してるのはいいね。

実はこの話を読むのは3回目だったりします。1回目は某ラノベ雑誌。2回目はハードカバー。で、3回目が今回。

「土 Grave」

佐伯は人を埋めるという行為に魅了された。そして仲の良かった子どもを棺桶に入れ、土に埋めてしまった。
そして3年。佐伯は自分のしたことに恐怖していた。しかし、同時に、また人を埋めたいと思うようになっていた。そこで佐伯が目をつけたのは黒髪の少女。彼女は「森野」という生徒手帳を持っていた…

何となく、好きになれない作品。っていうか、生々しすぎるのよ。なんか。

「声 Voice」

僕にはこの作品のあらすじは書けません。それを書くと、作品本来のおもしろさを損ねてしまいかねない。能力不足…。やっぱり、一生懸命鍛えてないといけませんね。

とにかく、この作品群の最後を飾るのにふさわしいものに仕上がっております。仕掛けられたトリックもなかなかのもの。また、とくにラストシーンが良い。上手く締めたなぁ、と。


っていうか、なげぇ!!やばい。書き方を誤ったなぁ。まぁいいや…
[PR]
by nino84 | 2005-08-16 10:43 | 読書メモ
『無人島に生きる十六人』(須川邦彦)読みました。

さて、内容はタイトルからも分かるとおり、漂流物語です。なぜ漂流ものばかり読んでいるのでしょうか。自分でも疑問です。興味を持って読んでるんで、いいんですがね。ちなみに、明治時代にあった実話だそうです。

ハワイ本島から日本へ引き返す際に、難破してしまった船。そこには、16人が乗っていた…。


漂流物語といっても、そこは実話。子どもばかりで生活しなくては!!みたいなことにはなりません。見習いは数人いるものの、まかり間違っても海の男たち。船長を始め、統制がとれております。そうでなくては、現実に無人島なんか脱出できません。
もちろんですが、もともと上下関係のあった大人の集まりだから、『蠅の王』のように獣性が表れることはないのです。平和ですな…。いや、やっていることは壮絶なんですが。

それにしても、時代を感じるのは、
ウミガメを乱獲して、喰う。「マッコウ鯨が、いっこうにすがたを見せなくなってしまった」。その理由は…「たべものであるイカやタコが、このへんにいなくなったのであろう」、「海流が変わってしまった」。とりあえず、「獲りすぎた」とか考えない時代。…素敵です。(ヲイ)


また、無人島=ジャングルなんてのは作り話だよね、やっぱ。っていうのを感じた作品。
[PR]
by nino84 | 2005-08-14 10:44 | 読書メモ

『蠅の王』

『蠅の王』(ウイリアム・ゴールディング, 1954)読みました。

新潮の100冊に入っているんで、書店でよく見かけたんだけど、表紙で敬遠していた…。少年文学として読めないこともないのにこの表紙はいただけない。内容は、少年たちが孤島で共同生活をするという、漂流もの。タイトルから内容が想像できないのもまた敬遠する理由に…。

とはいっても、ジュール・ベルヌの『15少年漂流記』とちがい、最後の数頁まで、まったく大人は登場しません。本当に子どもだけで生活していくわけです。


さて、人が集まれば、派閥ができるのが当然でしょう(学生の時、クラスメートすべてと平等に仲が良かったなんて事はないでしょう?いや、あるのかもしれませんが)。それでも、何とか一緒にやっていかなくてはならない。そうしたときには、普通、社会的な規範があるから、それに従って上手くやっている。では、その規範がなくなったら…?

子どもにとって、規範=大人とできるでしょう。しかし、無人島には大人はいません。子どもたちだけで、やっていかなくてはならないのです。
『15少年漂流記』でも同じような状態でしたが、本などの文化的なものが多くありました。一方、『蠅の王』では、文化的なものなどなにもありません。例外的に、ある少年のかけるメガネだけが、文化的なものでした。ですが、メガネは人に規範を与えるものではありません。文化的なものから、社会的な規範から離れていると、人はどうなるのか?

その答えとして、ゴールディングは、少年たちのイノセンス(無垢)を蝕む、獣性を描きました。無垢が失われ、獣性が子どもを飲み込むまでを描いたのです。人ってのは、そんなものですかねぇ…。
個人的には最後、大人と出会った瞬間に、「無垢が失われたのを、人間の心の暗闇を悲しみ、泣いた」ことが、せめてもの救いと見たい。人は獣ではないのだ、という救いに。
[PR]
by nino84 | 2005-08-10 10:45 | 読書メモ