本の感想などをつらつらと。


by nino84
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2006年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『悪徳の栄え』

『悪徳の栄え』(マルキ・ド・サド)を読みました。もちろん(?)、澁澤龍彦の訳です。

久しくこういう文章を書いていないことに気付いて、真面目な文章を書こうと思ったわけですが、本が本なので余り詳しく書きたくないというジレンマ。世の中で最も有名な異端文学作品だと思っているのですが、どうなのでしょう。個人的には『鬼畜人ヤプー』(沼正三)よりもよほど有名だと思っています。何を言っているのか分からなければ立ち入らない方が良いと思います。知らなくても良いことは意外なほどたくさんあるものです。


さて、この作品は主人公であるジュリエットがいかにして悪徳を備えていったかを描いた作品です。翻訳者である澁澤さんがあとがきで書いていますが、この本は「裏返しの教養小説」なのです。
「人間は自然から発生したものだから、その行動・思考は全て自然に受け入れられるはずである。しかし、人間はその行動を妨げるように法を作り出している。人間は自然にのみ従うべきで、法などに従う必要はない。欲望に従ってさえいればよい。」というのが(おそらく)根底にある。個人的には、誰しもこのような理論を一度は考えることがあると思います。しかし、世界が乱れないのは、この理論のどこかに違和感を覚えるからでしょう。そこでこの作品はその違和感を論破することで進む。違和感を論破することで、悪徳に従うことこそが人間の自然な生き方であるとしめそうとしているのである。

この作品では以上のようなことのみが書かれていくことになるが、実際にはそれをもう一度否定することができてこそ、この作品の意味があると思われる。否定ができれば、人間が社会を形成して法のなかで生きることを逆説的に肯定することができましょう。

こうして大まじめに書いてみたところで、実際にサド本人がこの理論を否定してみるべきだ、とは一言も書いていません。そのため、この作品をそのまま受け取ってしまうとう状況が大勢を占めれば、このような作品は決して表舞台にたたせることができるものではない。実際、発見当初はそのような状況であったらしい。それが再評価されるようになったのが20世紀になってからだというから、一部の人が無理にこの作品を逆説の道徳小説であると考えたのかもしれません。しかし、そのように読めることでこの作品に意味が見いだされ表にでてこられたのですから、作者の意図は没交渉であるといっていいのでしょう。


最後なにを書いているのか分からなくなってしまいました。(現在25:37)
[PR]
by nino84 | 2006-02-25 10:23 | 読書メモ
『ラーゼフォン 多元変奏曲』を観ました。

2014年、異次元よりあらわれたMUによって、東京は絶対障壁に包まれる。東京は外界とは隔絶され、時間の流れさえも外界の6分の1になってしまった。しかし、内側に残る人たちは外界が滅びたと教えられ、今まで通りの生活を送っていた。そんな内側に残る人の1人、神名綾人の前に外界から紫東遙と名乗る女性が現れて、言った…「教えてあげる、この世界の真実を」


TVで放送された作品を劇場公開できる長さにまとめた作品です。設定が少しずつ違うので、少し混乱気味。話の流れは変わっていませんが、設定が根本から変わってる部分もあって、どうなんだろうと思いながら、観ました。

設定がどれだけ変わろうが、結局設定ありきのSFラブストーリーなので、かなり間口が狭いと思います。「この世界が異世界と近づきすぎて、不協和音を奏でてるから、それを調律するんだ。その時、異世界を主旋律とするのか、この世界を主旋律とするかは奏者である君に任せる。」簡単に書くとこんな感じ。
「奏者はMUの側の存在であるため、本来なら異世界を主旋律として調律されるはずであった。しかし、奏者が愛したのはこの世界の人間であったため、奏者は苦悩する。異世界を主旋律として調律すれば、最愛の人が消える」というのがどうやら抱えるジレンマであり、それをどのように解決するかがテーマとなっているようだ。「愛は地球を救う」というどこかの24時間テレビみたいな標語がよく似合いますな。
ところで、『エヴァンゲリオン(劇場版)』も最後こんな感じじゃありませんでした?すべてはシンジにゆだねられた、みたいな。

最後は大団円なので、ホントに設定さえ乗り越えられれば、っていう作品かと思います。設定に入り込めないと、感動するポイントで感動できないという虚しい作品です。特に、TVシリーズで言う「ブルーフレンド」のあたりのエピソードとか。

さて、設定をつつき始めるととまらなくなるのでこの辺でやめておきましょう。まとめると、「少し健全になった『新世紀エヴァンゲリオン』」というイメージ。多分間違っていない。
[PR]
by nino84 | 2006-02-14 10:51 | 視聴メモ
『亡国のイージス』を観ました。

随分前から、むしろ映画が公開された段階で、観ようと思っていたのですが、機会がなくいけず、結局DVDで観ることになってしまいました。原作が好きなんで、映画館の大画面で観たかったかも。今更言っても遅いですが。

とりあえず、真田広之さんがよかった。もともと原作も恰幅の良いおじさんが活躍する作品ではありますが、もう、これに尽きる。中の人がおじさんと括ってしまってよい人なのかはこの際おいておくことにします。よかったんだから、それでいいのです。

それにしても、映画にするには少し無理があったように思います。まず全体的に情報量が足りないのが気になりました。辺野古ディストラクション、GUSOH、ダイスといった一見さんには分かりづらい単語が次々出てくるのは違和感があります。そもそも、とても硬派なプロモーションをしておいて、出てくる単語がSF調では多くの人が違和感を感じると思うのです。たしかに、原作を、しかも『亡国のイージス』だけでなく場合によっては前作『Twelve Y.O.』までも、知っている人ならば、出てくる単語の背景知識があるため、了解もできます。しかし、自衛隊までかり出して、お金かけてプロモーションしておきながらこれでは、どうも納得できかねます。ということで、情報の補完のために関連作品である『川の深さは』、『Twelve Y.O.』を映画化しませんか?
たしかにどちらのラストシーンも『亡国のイージス』以上に描きにくそうではありますが…(町中でアパッチ飛ばしてみたり、いろいろ)。

それから、もう一つ気になったのは、ラストシーン。先任伍長に「俺の任務はこの艦を護ることだ」と再三言わせておいて、ああなるのですか?
確かに話の展開から見れば、致し方ない部分もありますが、原作に沿ったラストでなぜいけなかったのでしょう。事件の後日談はあまり盛り上がらないから短くしたいのは映画の制約なのでしょうが、あれは納得できません。たしかに、原作のラストの大どんでん返しも賛否両論あるような気もしますが、せめて後日談は採用して欲しかったと思います。最悪スタッフロールの後ろでセリフなしでもやって欲しかったかと。映画の限界なんて僕は知りませんし、各種団体の意向なんかはもっと知りません。一視聴者として、そう思います。


なんだか、批判に大半を費やす結果に終わってしまいました。ところでまったく個人的なことですが、勝地涼さんはすこし違和感がありました。もう少し線の細い人が良かったのではと思います。いえ、僕のイメージですから、気にしないことにましょう。
[PR]
by nino84 | 2006-02-10 10:53 | 視聴メモ
『O・ヘンリ短編集(一)』(O・ヘンリ)をよみました。新潮文庫のもので、訳者は大久保康雄さんです。

僕の読書歴が異常なのか、今更O・ヘンリを読み始めました。随分回り道をしたものです。人には「短編だったらO・ヘンリだよ」と何度か勧められていたのですが、なぜ手に取る機会がありませんでした。
比較的古い作品に関しては、人にあまり読まれていないけど名前だけは残ってる、そんな作品を読むのが好きなのだと、最近思います。一ヶ月以上前に読んだ『ピーターパン』然り、このブログ最初の読書メモである『蠅の王』然り。こういう作品が広まらないのはそれなりの理由があって広まらないのであって、これは人に読ませたいと思う作品は少ないです、やっぱり。だから読まれないのでしょう。そういう作品は、読者を選びますというオーラが全面から出ているような気がするものです。

さて、なぜか話がそれてしまいましたが、とにかく読みましたよO・ヘンリ。短編集ということで、16篇収録されてます。収録作品は以下の通り。『警官と賛美歌』、『赤い酋長の身代金』、『振り子』、『緑の扉』、『アラカルトの春』、『運命の衝撃』、『ハーグレイブズの一人二役』、『善女のパン』、『ラッパのひびき』、『よみがえった改心』、『自動車を待つ間』、『多忙な仲買人のロマンス』、『黄金の神と恋の射手』、『桃源郷の短期滞在者』、『御者台から』、『水車のある教会』(収録順)。
有名どころの作品をひとまとめにせず、3冊に分ける(『賢者の贈りもの』が2巻、『最後の一葉』が3巻にそれぞれ収録)当たりに商売気を感じますが、気にしないことにします。

「どれも短いながらしっかりと読ませる作品になってます。なにより作品のオチがいいですね。」といってみんな賞賛するのでしょう。一作目の『警官と賛美歌』を読んだら、これがどういうことか分かります。確かにこのオチは秀逸です。短編を一作読んだだけで世間で言われてる意味が分かる作家というのも珍しい。いや、僕がそういう作家にで出会わなかっただけかもしれませんが。

ところで、裏表紙の紹介作品がやっぱり良いという結論になるのは、自分でもどうかと思うのですが、『警官と賛美歌』、『多忙な仲買人のロマンス』が特に良かったですね。
前者は初めてのO・ヘンリでその衝撃が大きいというのも一つの理由でしょうが、彼の作品の典型らしい構造(16篇読んだくらいで典型を語るなといわれそうですが、)になっています。それなら、他の作品が最初にあったらその作品が良いのかといわれると、それは少し違う気がしますが、こういうのは一回性が強いのでなんともいえません。(だれかこの本を後ろから読んで良かった作品を挙げて下さい。)
後者は短編で、ここまで伏線をひかれていてなぜ気づかなかったんだろう、という構成の巧妙さが良い。オチを知ってからもう一度読んでみると、とても露骨に伏線が見えてきます。


おそらく一ヶ月以上書いていなかった読書メモでした。感じがつかめないので、どうも詰まった感じの文章になってる気がします。ちなみに、どうかんがえても読む気がそがれるものをのせるのは、このブログが非公開の状態で黙々と感想を書く場所だったりしたからです。
[PR]
by nino84 | 2006-02-09 10:24 | 読書メモ