本の感想などをつらつらと。


by nino84
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『星の王子さま』

『星の王子さま』(サンテグジュペリ、池澤夏樹訳、集英社文庫)を読みました。

ぼくは、飛行機の故障によって、サハラ砂漠に不時着した。その砂漠での最初の夜、ぼくは不思議な少年と出会った。なんでも彼は別の星からきたのだという。


サンテグジュペリはなぜか『夜間飛行』を最初に読んで、しかも挫折するという個人的に妙な入り方をしてしまった作家なので、個人的にあまりいいイメージがなかったりしたのですが、さすがに本作は楽しめました。やはり世間的にもこちらが代表作なのはうなずける。『夜間飛行』とはまったくの別物のような気がしました。

さて、本作はほとんど説明の必要もないくらい一般に知られた作品でしょう。数年前に著作権が切れたか何かで各出版社が一斉に新訳を出したのを覚えています。ちなみに、本書もその中の一点です。でもタイトルは『星の王子さま』。"Le Petit Prince"で直訳すれば『小さな王子さま』ですが、そこは旧訳に従ってるみたいです。確かに名訳だと思えます。感覚的なものですけど。


なんか、話が内容に一向に向いていきませんが、そろそろ内容について。
「ぼく」と出会う王子さまは住んでいた星をはなれ、星々をまわり、そして地球にやってきました。彼は訪れた星でいろいろな人と出会います。王様、うぬぼれや、ビジネスマン…王子さまは彼らを理解できません。彼らはなにも生み出さず、その役職をこなしているに過ぎないのです。彼らは生きていない。生きること…地球のキツネは友達はもはやつくれず、ただ「飼い慣らす」ことで絆が生まれるといいました。それでキツネは他のキツネと区別されたただ一匹のキツネとして存在しうるし、王子さまも他の人と区別され存在しうるのです。飼い慣らすという表現は主従関係を表すように思われるますが、それは人とキツネの間に起こることだからでしょうか。どうもしっくりきません…。

いま、この文章を書きながら、キツネとのやり取りを読み返しています。終わりがけはなんとなく納得できるのです。「ものは心で見る。肝心なことは目では見えない。」、「きみがバラのために費やした時間の分だけ、バラはきみにとって大事なんだ。」、「飼い慣らしたものは、いつだって、きみは責任がある。」――最後の「飼い慣らす」に違和感があるものの、全体としてはそのまま受け取れるように思います。
2つめの文はある面から見ると、「コストをかけたらその分の報酬が期待されていて、それを取り戻すまで関係は続けるんだ」みたいなことになってちょっとやなかんじですが…。穿った見方はやめましょう。作品全体としてそんなスレた作品ではありませんので、文脈をすなおに撮っておきましょう。大事だから時間を費やす、ということなのでしょうが、大事の部分がなぜか分からなければ、逆転して考えるしかない。時間を費やしていることすなわち大事なことなのだ、と。それが真かどうかは…あぁ、やっぱり穿ってしまいそうです。はじめの理解がまずいのでしょうか。


全体として、なにかを伝えようとしているのだろうけれど、それはなにか非常につかみにくい、そんな作品だと思います。一度では理解できそうにない、いや、できなかったのですが。何度も読んで、最終的に感覚的にわかる、そんな作品のように思います。
「肝心なことは目では見えない」ということは、結局肝心なことは文字では書けないということでもある。もちろん、作家はその限界を超えようとするのだろう。でもぼくはまだその限界を超えられない。感じることが大事な時だってある。だから先人は「多くの経験を積め」というし、「小さいときには外で遊べ」という。言葉は道具に過ぎず、僕たちはそれを使って生きてはいるけれど、感覚はもっと鋭敏で、言葉は感覚を適当に区分けしているに過ぎないのです。感覚のだから人と接したいと思うし、一緒にいたいと思う。言葉ですべてが分かるのなら、今の世界はもっと平和なはずでしょう。言葉だけなら一瞬で世界中に発信できるのですから。
[PR]
by nino84 | 2007-11-17 14:20 | 読書メモ

『象の背中』

『象の背中』を観ました。

不動産会社部長、藤山幸弘(役所広司)は医者から末期の肺がんであり、このままでは余命はあと6ヶ月であると宣告される。彼はそのことを長男だけに伝え、できるかぎり今まで通りに、生きることを選択した。


情報源はほぼポスターのみという、びっくりするほど事前情報なしで観てきました。ので、出だしが一番びっくりしました。あぁ、そういう話なのか、と。そこからなのか、と。

『死ぬ瞬間』(E・キューブラー・ロス)という著作があります。がんを含めた末期患者への面接から、"死に至る"人間の心の動きを記述したものです。彼女は死を、特定の瞬間でなく、長い過程であるととらえ、人生の最終段階を記述します。
死の過程は致命疾患の自覚の瞬間から始まります。その瞬間、患者はショックをうけ、それを信じようとしないのだそうです。もちろんその期間には個人差があり、面接調査の結果をまとめると、数秒で終わるものから、数ヶ月続くものまであったようです。その後にはさまざまな形での怒りや憤りが表出されるといいます。この段階のうちにも、時に自分の状態を否認したくなるようなこと画起こりうるともされています。さらに、こうした段階をこえると、抑うつの段階に移り、最終的な受容の段階の足がかりとなるといいます。
著者はこうした段階は入れ替わることはなく、時に段階がもどったりはするものの、ほとんど先述の順序で現れるといいます。

さて、本作ですが、こうした死の過程を―特に後半の部分を―丁寧に書いた作品であるといえるでしょう。
主人公、幸弘は医師の宣告を受けた瞬間、呆然とし、それを受け入れられないという表情を見せます。その後、彼は気持ちの整理のため、自らが手がける開発計画の計画地を訪れ、そこで内省をします。結局、彼は延命治療を受けないことを固く決心し、長男にだけ病のことを話し、妻にさえ隠しながら、普段通りの生活をしようと試みます。これを否認とみるのか、受容とみるのかはかなり微妙なところではあるのでしょうが、当初は否認であったようですが、その決意は次第に受容にと移ってきているように思えました。
僕が受けた感覚なので、なにか決定的な証拠があるわけではないのですが…。

ただ、細かなタイミングがどうであれ、彼が過去に会いに行こうという決心をした段階ではすでに受容の段階にあったと思えますから、受容の段階まで比較的早くたどり着いているように思いました。作品のメインは受容の段階にある人がどのように自分を受け止めているか、という部分のように感じましたので、中心をはっきりさせるためには良かったのではないかと思います。

役所広司の演技がすごかったです。すごい迫力でした。


ところで、幸弘の愛人の存在にいまいち意味が見出せないのですが、なんだったのでしょうか。幸弘とその父を重ね合わせる状況が―あるいは設定が―作りたかっただけ、というのではないように思いたいのですが、それ以外になんだというのでしょうか。正直、対人関係の構造が分かりにくくなるので、彼女はいなくても良かったのではないかと思いました。
もちろん個人的にそういう形の恋愛は分かりかねるというのもあるのですが。


……

ひさしぶりに視聴メモを書きました。DVDではなく、映画なので、見返すことが出来ず、消化できていない部分―主に愛人のからみ―がなくはないのですが、過程としての死の段階を描いているという部分が中心にありますので、あまり大きく評価は変わらないかな、と思ったります。
[PR]
by nino84 | 2007-11-02 01:35 | 視聴メモ